戻り蜂とは?蜂の巣の駆除後の対処方法

戻り蜂とは

蜂の巣を駆除した後の戻り蜂とは、既存の巣が駆除された後に、戻ってくる蜂のことを指します。駆除された巣には、蜂のにおいやフェロモンが残っている場合があります。このにおいやフェロモンは、他の働き蜂にとって巣の場所を示す情報となります。

駆除された巣の周辺には、まだ魅力的な巣の場所として認識される可能性があるため、他の働き蜂がその場所に戻ってくることがあります。これらの戻り蜂は、新しい巣を築く場所として再度その地域を探索し、巣を作るために他の蜂に情報を伝えることがあります。

戻り蜂の出現は、蜂の巣を駆除した後に新たな蜂の巣が再び形成される可能性があることを意味します。このような場合、駆除された巣の周辺を注意深く監視し、再び蜂の巣が形成されるのを防ぐために適切な対策を講じる必要があります。巣の残骸を取り除いたり、巣の周囲に防蜂対策を設置したりすることで、新たな巣の形成を予防することができます。

戻り蜂が来ないための蜂の巣の駆除後の対策

蜂の巣を駆除した後に戻り蜂が現れることはよくあります。これは、駆除された巣にはまだ蜂のにおいやフェロモンが残っているため、他の蜂がその巣を新たな巣の場所と認識してしまうことが原因です。また、駆除した巣の近くに新たな蜂の巣を作る際に、場所として適していると判断する蜂もいます。
戻り蜂を防ぐためには、以下のような対策が考えられます

徹底的な清掃

駆除された巣の周囲を徹底的に清掃し、蜂のにおいやフェロモンを完全に取り除くことが重要です。洗剤や消毒液を使って清掃すると効果的です。

関連物質の遮断

戻り蜂が巣を再認識するのは、においやフェロモンなどの化学的な情報による場合が多いです。そのため、巣の周囲に香りの強い物質を置いたり、防蜂スプレーを使用してこれらの情報を遮断すると効果的です。

防蜂対策の設置

蜂の巣を駆除した場所や建物の周りに、防蜂ネットや蜂取り器具を設置することで、新たな蜂の巣を作ることを防ぐことができます。

専門家の助け

戻り蜂の問題が続く場合は、専門家に相談して適切な対策を講じてもらうことをおすすめします。専門の蜂の駆除業者は、適切な方法で戻り蜂の問題を解決してくれます。


蜂は危険な昆虫でもありますので、自分で対処する際は十分に注意して行ってください。もし不安な場合は、専門家に依頼することを考慮してください。

戻り蜂の危険性について

蜂の巣を駆除した後、戻り蜂が新たな巣を作る可能性があるため、以下のような危険性があります

蜂に刺されるの危険性

蜂は巣を守るために攻撃的になることがあり、巣の周囲で蜂に刺される可能性があります。蜂の刺傷は痛みや腫れ、アレルギー反応を引き起こすことがあります。

追跡行動

蜂によっては、自分や巣に対する脅威を感じると、追跡行動を行うことがあります。追いかけられた場合は、適切な対処をして安全な場所に避難する必要があります。

新たな巣の形成

戻り蜂が新たな巣の場所を見つけると、再び蜂の巣が近くに形成される可能性があります。これによって蜂の巣からのリスクが再び発生することがあります。

社会的な蜂の攻撃

蜂は社会的な昆虫であり、巣の一部を攻撃すると他の蜂も攻撃に参加することがあります。巣を駆除する際には、攻撃的な反応に注意する必要があります。

コメント