蜂の巣駆除での蜂の種類

蜂の巣駆除に関して、さまざまな蜂の種類が存在します。以下にいくつか代表的な蜂の種類を挙げますが、全ての種類を網羅しているわけではありませんので、注意してください。
日本国内では人を刺す危険性のある蜂は、大きく分けてスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチの3種類と言われています。

スズメバチ

スズメバチは大型のハチで、攻撃的な性質があります。巣を形成し、人々や他の昆虫を攻撃することがあります。スズメバチの巣は慎重に駆除する必要があります。
日本にいるスズメバチの種類は、全17種が確認されていますが、代表的な種としては主に以下の種類があります。
これらのスズメバチは、サイズや体色、攻撃性などにおいて異なる特徴を持っています。安全のためには、これらのスズメバチとの接触や巣の近くでの行動には注意が必要です。巣の駆除を行う場合には、専門家の助けを求めることをおすすめします。

オオスズメバチ

オオスズメバチは最も大きく、体長は約3〜4センチメートルにも達します。体は黒褐色で、頭部は大きくて橙色の顎を持ちます。群れを作り、攻撃的な性質を持つことで知られています。刺されると痛みやアレルギー反応が生じることがあります。

キイロスズメバチ

キイロスズメバチはオオスズメバチに似た外見をしていますが、やや小柄です。体の色は黒で、腹部の先端が黄色です。主に農作物の害虫として知られており、巣は木の幹や建物の隙間などに作られます。

モンスズメバチ

モンスズメバチは日本固有種で、体長は約2〜2.5センチメートルほどです。体色は主に黒で、腹部の前半は黄色です。他のスズメバチと比べて攻撃性は低く、人を襲うことは稀です。自然環境で生息し、特に森林や山岳地帯で見られます。

チャイロスズメバチ

チャイロスズメバチは黒褐色の体色を持ち、体長は約2.5センチメートルほどです。名前の由来となった特徴として、体の腹部後方が茶色がかっていることが挙げられます。主に森林や山岳地帯で生息し、巣は木の幹や地下などに作られます。

ツマグロスズメバチ

ツマグロスズメバチは体長が約2〜2.5センチメートルほどで、体の色は黒で黄色い斑点があります。名前の由来となった特徴として、頭部に黒い模様があることが挙げられます。巣は主に地下に作られ、攻撃的な性質を持つことが知られています。

ツマアカスズメバチ

ツマアカスズメバチは体長が約2〜2.5センチメートルほどで、体の色は黒で腹部に赤い斑点があります。名前の由来となった特徴として、頭部に赤い模様があることが挙げられます。巣は主に地下や木の幹に作られ、攻撃的な性質を持ちます。

コガタスズメバチ

コガタスズメバチは小型で、体長は約1.5〜2センチメートルほどです。体色は黒で、腹部の先端が黄色です。比較的攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は木の枝や建物の隙間に作られます。

ヒメスズメバチ

ヒメスズメバチは体長が約1〜1.5センチメートルほどで、体色は黒で腹部に黄色い模様があります。名前の通り、他のスズメバチと比べて小さいサイズです。攻撃的な性質を持ち、人や昆虫を襲うことがあります。巣は主に木の枝や建物の隙間に作られます。

アシナガバチ

アシナガバチは長い腹部を持つ大型の蜂で、一般的に地中に巣を作ります。人々やペットに対して攻撃的になることがあります。
世界には約800種のアシナガバチが存在していますが、日本に生息するアシナガバチは11種が確認されています。
それぞれの品種で共通しているアシナガバチの特徴としては、足をぶら下げてゆっくりと飛ぶ(穏やかな性格で攻撃性は低いく素早い動きは苦手)、スズメバチに比べると細身で体長が26mm以下です。
種類別では、アシナガバチは体型や体色、攻撃性などにおいて異なる特徴を持っています。刺されると痛みやアレルギー反応が生じる可能性があります。アシナガバチとの接触や巣の近くでの行動には注意が必要です。巣の駆除を行う場合には、専門家の助けを求めることをおすすめします。

セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチは体長が約2〜2.5センチメートルほどで、体の色は主に黒で腹部に黄色い斑点があります。特徴的な黄色の顔と腹部の斑点が目立ちます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

キアシナガバチ

キアシナガバチは体長が約1.5〜2センチメートルほどで、体の色は主に黒で黄色い斑点があります。名前の由来となった特徴として、脚が黄色いことが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

フタモンアシナガバチ

フタモンアシナガバチは体長が約1.5〜2センチメートルほどで、体の色は主に黒で腹部に白い斑点があります。名前の由来となった特徴として、腹部の後半が二色に分かれていることが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

トガリフタモンアシナガバチ

トガリフタモンアシナガバチは体長が約1.5〜2センチメートルほどで、体の色は主に黒で腹部に白い斑点があります。名前の由来となった特徴として、腹部の後半が尖っていることが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

キボシアシナガバチ

キボシアシナガバチは体長が約2〜2.5センチメートルほどで、体の色は黒で頭部が黄色い特徴があります。名前の由来となった特徴として、頭部が大きく、黄色い斑点があることが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

コアシナガバチ

コアシナガバチは体長が約1.5〜2センチメートルほどで、体の色は黒で腹部に赤い斑点があります。名前の由来となった特徴として、頭部が小さく、腹部の後半が赤いことが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

ヤマトアシナガバチ

ヤマトアシナガバチは体長が約2〜2.5センチメートルほどで、体の色は主に黒で腹部に黄色い斑点があります。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

ナンヨウチビアシナガバチ

ナンヨウチビアシナガバチは体長が約1〜1.5センチメートルほどで、体の色は主に黒で腹部に黄色い斑点があります。名前の由来となった特徴として、体の小ささが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

オキナワチビアシナガバチ

オキナワチビアシナガバチは体長が約1〜1.5センチメートルほどで、体の色は主に黒で腹部に黄色い斑点があります。名前の由来となった特徴として、沖縄に生息する小型のアシナガバチであることが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

ヒメホソアシナガバチ

ヒメホソアシナガバチは体長が約1〜1.5センチメートルほどで、体の色は主に黒で腹部に黄色い斑点があります。名前の由来となった特徴として、小型で細身の体型を持つことが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

ムモンホソアシナガバチ

ムモンホソアシナガバチは体長が約1〜1.5センチメートルほどで、体の色は主に黒で腹部に黄色い斑点があります。名前の由来となった特徴として、体が黒く、黄色い斑点がないことが挙げられます。攻撃的な性質を持ち、人や他の昆虫を襲うことがあります。巣は主に地下や木の中に作られます。

ミツバチ

ミツバチは養蜂されている蜂であり、蜜やハチミツの生産に利用されます。駆除する必要がある場合は、専門家に相談することをおすすめします。
ミツバチの種類は世界でも9種だけで、日本国内のミツバチは2種のみです。

ニホンミツバチ

ニホンミツバチは日本固有種のミツバチであり、日本全国で見られます。体長は働きバチで約1センチメートルほどで、体は黒褐色をしています。日本の自然環境に適応しており、農作物の受粉や蜜の収集を行う重要な役割を果たしています。比較的攻撃的ではなく、人に対しては穏やかな性格を持っています。

セイヨウミツバチ

セイヨウミツバチはヨーロッパ原産のミツバチであり、世界中で広く飼育されています。野生の状態では巣を木や岩の割れ目に作りますが、人家周辺にも巣を形成することがあります。
体長は働きバチで約1センチメートルほどで、体は黒褐色や褐色をしています。ハチミツや蜜蝋を生産するために人間によって飼育され、受粉活動も重要な役割を果たしています。セイヨウミツバチは社会性昆虫であり、複雑な社会構造を持ちます。巣箱や人工的な巣を利用して飼育されることが一般的です。

これらのミツバチは、受粉活動や蜜の収集などの重要な役割を果たしており、農業や自然環境において非常に重要です。また、セイヨウミツバチはハチミツや蜜蝋の生産も行っており、人間の生活においても多くの利益をもたらしています。ミツバチは穏やかな性格を持つことが一般的ですが、巣箱や巣に近づく際には注意が必要です。

コメント